ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

CE marking
UKCA marking & EAC marking
CCEマーキング 適合性評価    CEマーキング 取得得
The countries of this marking are the members of APAC-MRA/EA-MLA.
Safety-Plus is Inspection body of ISO/IEC 17020:2012

ILAC-MRA

 

マーキングとは、国の要求事項への適合を証明・宣言した証として可視化したものである。
CE markingu           UKCA marking         EAC marking
欧州(28ヶ国 - UK ?) イギリス (UK)
2019年10月31日~?
ロシア セーフティプラス
CEマーキングとは
CE marking

ページリンク目次;

1. CEマーキングの概要
2. CEマーキングの適合性評価とは
3. CEマーキングの無料相談

4. CEマーキングの適合性評価費用
5. 市場監視システム
6. EU 官報
7. 適合性評価 認証モジュール
8. CEマーキング対応手順
9. CEマーキング 適合宣言書サンプル
10. CEマーキングの義務

11. 適合性評価ルート
12. 通知機関(Notified Bodies)
13. 欧州規格
14. 機械指令(MD)情報
15. EMC指令(EMCD)情報
16. 低電圧指令(LVD)情報
17. イギリス UKCA マーキング
18. ロシア EAC マーキング
19. 欧州CE マーキング開発経過

クリックして下さい。

1. CEマーキングの概要

CEマーキングとは

  - 広義の適合性評価を構成する全プロセスを可視化したものである。
  - 製品が欧州の整合規格に適合していることを示す唯一の適合マークである。
  - 製造者が適用要件の全てに適合し、使用者との責任範囲を識別する。
  - 欧州委員会により有効性の効果的評価、及び 不正使用の防止戦略を明確に定められる。

  CE マーキングは、製品が消費者安全確保の分野で欧州連合の指令に適合ていることを意味します。

  欧州指令の要求事項は、生産国に関係なく欧州連合領域で販売する製品に対して有効です。

  CEマーキングおよび欧州指令適合の宣言は、製品グループの為に義務です。





CEマーキングには、適合宣言書 DoC (Declaration of Conformity) が必要です。

  - 製造者は、製品モデル毎に文書による適合宣言書を作成しなければならない。
  - 適合宣言書は、製品が市場に投入されてから、各国当局が利用できるように 10年間保管しなければならない。
  - 適合宣言書は、どの製品に対して作成されたものであるか、識別・特定されていなければならない。
  - 適合宣言書のコピーは、要請に応じ関係当局に提出されなければならない。
  - 依頼した通知機関が提出する適合証明書
CoC (Certification of Conformity)にCE識別番号がある場合、
                               了解の上で適合宣言書に NB 識別番号を記載。

適合宣言書





CEマーキングの目的は....

1. CE マーキングの目的は、製品メーカーが欧州連合によって確立された特定の製品に関連する全てのチェック手順の実施証明書が製品の要件に適合していることを示します。

2. CE マーキングは、製造場所に関わらず製造者あるいは輸入業者が製品に適用できる適切な EU 法規(理事会決定規則、指令(製品安全性指令製造物責任指令))で要求される法令遵守(コンプライアンス)に対し、製造者が単独の責任において適合していることを宣言している証(エビデンス)として製品にマーキングするものです。

3. CE マーキングは、スイスとトルコを足したヨーロッパ経済地域(EEA : European Economic Area ; EU + EFTA(アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)の28ヶ国)である特定の製品グループの為に義務的です。


     CEマーキング
   European Union
EU institutions and bodies in brief



製造者は....

 - 適合性評価(Conformity Assessment)を実行して、
 - 技術ファイル(Technical File)を準備・作成し、
 - 製品の主な法律によって規定された宣言書(適合宣言書 ; DoC : Declaration of Conformity)に署名し発行、
 - その最終的な証が、CEマーキングです。



 
CE マーキングの警告システム (最近の警告)Rapid Alert System - Most recent alerts




2. CEマーキング適合性評価とは、
CEマーキング適合性評価
適合性評価(conformity assessment)とは、製品、プロセス、サービス、システム、人、又は機関が特定の要件を満たしていることを証明するための処理過程を意味する。
適合性評価
CEマーキング 適合性評価手順
の適合性評価手順とは
CEマーキング評価手順
CEマーキング評価手順
対 象 評価手順 エビデンス

法令遵守

Compliance

 アプリケーションガイド
 欧州規格

評価

Assessment

 適合性評価ルート(コスト検証含む)
 適合性評価モジュール
 ● First party / サプライヤ-
 ● Second party / ユーザー
 ● Third party / 適合性評価機関


 検証 Evidence by
 
検査 Inspection
 
審査 Verification
  試験 Examination


結果

Result

 技術文書 Technical Documentation
 評価モジュールに伴い
 通知機関の識別番号が必要


CE マーキングは、製品が消費者安全確保の分野で欧州連合の指令に適合ていることを意味します。

欧州指令の要求事項は、生産国に関係なく欧州連合領域で販売する製品に対して有効です。


CEマーキングおよび欧州指令適合の宣言は、製品グループの為に義務です。


CE マーキングの目的は、製品メーカーが欧州連合によって確立された特定の製品に関連する全てのチェック手順実施証明書が製品の要件に適合していることを示します。








CEマーキング 無料相談
3. CEマーキング無料相談受け付けております
CEマーキング 無料相談
CEマーキング無料相談

無料相談は、弊社にて2時間以内とさせて頂き、次項などのご相談を承ります。

 - CEマーキングとは
 - EMC 指令のオンサイト試験
 - CEマーキング情報(LVD:低電圧指令 / 低圧制御機器試験認定機関)
 - 適合宣言書(Decralation of Conformity)とは
 - 適合宣言書の証は、どの立場の評価(第一者、第二者、第三者:ISO/IEC 17000シリーズ ご参照)で、
 - 外部委託時に入手できる試験レポートや適合証明とはどのようもの(その値打ちは?
 - 外部(第三者評価もいろいろです)委託時の評価価格
 - ご予算に見合う評価プランを相談させて頂きます。
 - 評価済内容、評価中内容のご相談も受付けております。
 - 実際の適合性評価にて、弊社をお選び頂かなくても、お役に立つ打合せとなるかと考えます。






CEマーキング評価費用
4. CEマーキング適合性評価費用
CEマーキング評価費用
CEマーキング適合性評価費用


コンサルティングのみ
- 対応手順
- 診断、指導

評価機関の対応内容から
必要とされる費用
をご確認

ライセンスがあれば
通常の 50% 以下で、
公式証明書の発行可能

コンサルティング
   +
e-mail 診断で安価対応
CEマーキング評価費用


CEマーキング証明
CEマーキング証明内容
 国際試験所認定機構 - 相互承認協定(ilac-MRA)に基づく証明

検査機関 ISO/IEC 17020 機械安全・機能安全の検査 / ilac - MRA 証明可能
-試験機関 ISO/IEC 17025 EMCなどの試験 / ilac - MRA 証明可能 (認定試験ラボでのレポートのみ)
-認証機関 ISO/IEC 17065 機器の認証 / ilac - MRA 証明不可能

注記 1: EMC試験は、認定試験ラボに持込めない機械など、ご依頼者の工場での試験に
弊社検査機関の立会い試験にて、国際 ilac - MRA(欧州 EA-MLA)証明書発行が可能
注記 2: 認証機関は、CBスキームにより、加盟国での認証手続きの簡略化が可能であるが、
その対象は、IECでカバーされた機器類のみであり、ISOで対象とする機械類には対応できない。
注記 3: EUで通知された認証機関(NB)は、EU域のみで機械指令に基づく機械安全・機能安全の認証が可能である。
また、USのNRTLも認証機関が対象であり、それは機器類のみである。機械安全の評価はOSHAが認めたAHJが担当となる。検査機関のレベルは、AHJと同等とみなされる。



ご連絡お待ち申し上げます。
CE マーキング以外の相談も承っております。

Search of European Comission
     CE マーキング          
   適合性評価機関                    ISO/IEC 17020    セーフティプラス㈱

   CEマーキング




CEマーキング

-EU 官報(EU/EC 指令が変わります。)
-CEマーキングとは
-CEマーキング入門(基本要求事項、摘発)
-CEマーキング対応手順
-CEマーキングの義務
-適合性評価ルート 認証ルート
-通知機関(Notified bodies)とは、
-欧州規格
-CEマーキング注意事項 用語:「CEマーク」および「取得」について
-CEマーキング情報(LVD:低電圧指令 / 低圧制御機器試験認定機関)
CE marking  CEマーク CEマークとは CEマーク取得 CEマーク自己宣言 認証機関 第三者機関 第三者認
-CEマーキング評価手順

-適合性評価コスト検証
-ワンストップ証明
-電気安全設計診断(EN 60204-1)
-規格審査ライセンス(SERライセンス)

検査証明書、及び 適合証明書(CoC)お考えの皆様、ご連絡待ち申し上げております。






5. 市場監視システム

CEマーキングとは、適合性の全プロセスを可視化したものである。
製品が欧州の整合規格に適合していることを示す唯一の適合マークである。


市場監視システム

メーカー、輸入業者およびディストリビューターは、完全欧州市場で安全かつ準拠製品を配置する責任があります。
残念ながら、ルールは常に続いていません。
このため、欧州諸国は、緊急警告システムを通じて安全でない製品についての市場監視システムと共有情報場所に入れています。

国家当局は市場を監視し、安全でない製品から消費者を保護します。

  • メーカー輸入業者販売代理店の検査;
  • チェックし、製品をテスト
  • 規則は壊れている; ときに行動を起こす
  • 消費者からの安全でない製品をリコールし、店の棚からそれらを撤回しました。
  • 危険品を破壊します。
  • 罰金やその他の制裁を課します。

すべての EU 諸国での市場監視機関が相互に連絡するときに安全でない製品を対策します。彼らはRAPEXと呼ばれる緊急警告システム情報を共有します。これは他の欧州諸国にすばやく反応し、同様の行動をことができます。

国家当局も消費者から製品安全の苦情をフォロー アップする必要があります。


認証機関 電気安全設計をE-mailで評価します。 CEマーキング 認証 認証機関 検査 検査機関 適合宣言書 適合証明書 相互承認協定  CEマーキングとは







6. EU 官報

EU / EC 指令が変わりました。

EU 官報 (Official Journal of the European Union)
2014年3月29日付け、新指令への移行(期限:2016年4月20日)
CEマーキング 低電圧指令 EMC指令 ATEX
-低電圧指令(LVD) 2014/35/EU
-電磁両立性指令(EMCD) 2014/30/EU
-昇降機指令(LD) 2014/33/EU
-防爆指令(ATEX Directive) 2014/34/EU
-簡易圧力容器 2014/29/EU

-起爆装置指令 2014/28/EU
-非自動計量器指令 2014/31/EU
-計量器指令 2014/32/EU

                                        2014年3月29日付け







7. 適合性評価 認証モジュール
認証モジュール

CE適合マーキングの理事会決定 768/2008/EC (93/465/EEC) は、適合性評価テストの全方法をセクション(設計と製造)に分け記述され、危険度に従ってグループ化(モジュール A ~ H )されます。

認証モジュール 管理内容  設計 製造
Module A Internal production control 内部の生産管理
Module B EC type-examination. EC型式審査
Module C Conformity to type. 型式適合
Module D Production quality assurance. 生産品質保証
Module E Product quality assurance. 製品品質保証
Module F Product verification 製品適合審査
Module G Unit verification. 機構適合審査
Module H Full quality assurance. 完全な品質保証



CEマーキングは、すべての製品に適用する必要があります。適用できない場合は、パッキングに配置されます。


EU 加盟国で CE マークが付いた製品の違法なマーキングは、相当な罰金や刑事罰によって処罰され、製品が流通から撤退させられます。


欧州審査サービスMarket surveillance)は、EU 市場にて密接にCE マーキング製品や機器(例えば、低圧電気機器や人体保護機器)を取締り(CEマーキング摘発)、EU 指令に違反するビジネスマンに対して特定の措置を取る権利を持っています。


欧州に於ける市場監視
-製品の安全性と市場監視パッケージ
製品の安全性と市場監視パッケージ(計画)
欧州における市場監視の実施









8. CE マーキング対応手順

EU(欧州連合)への輸出は、CEマーキングが要求されます。
製造者は、欧州の共同体すべての該当規則である整合規格に適合し、適切な評価手順を実施していることを保証しなければなりません。
                                                    
機械メーカー(Machinery supplier)の CEマーキング対応手順

6-Step-Method


適用される
欧州指令や整合規格を識別



欧州指令:New Approach Standardisation in the Internal Market

  -機械システム:機械指令昇降機指令個人保護装置 (PPE)指令
  -使用機器:低電圧指令圧力機器指令ATEX指令
  -有害物質:WEEE, RoHS, REACH
  -試験:EMC指令振動指令騒音指令


整合規格Harmonised Standards
     Harmonised standards for machinery
     New Approach Standardisation in the Internal Market
     
     購入する電気装置に関して

     
          
     CEN-CENELEC Guide 1-30
     CENELEC Guide 1-32
     MD(機械指令)/ 整合規格

        Harmonised Standard



製品固有の要件を
確認します。

特別な仕様 (機械類は、Type C 規格)

  -EU法令の本質的要求事項に従っている保証方法を選択
  -整合規格への適合性推定“presumption of conformity”の遵守方法選択
  -EN ISO 12100 : 2010 のリスク比較(5.6.3 Comparison of risks)
  -Mechanical Engineering

適合性評価機関による独立した
評価が必要かどうかを識別

適合性評価手順の選択
  -適合性評価ルートの選択 (通知機関の要不要確認) 
  -通知機関(Notified bodies)とは
  -適合性評価及び通知機関
       (Conformity assessment and Notified bodies)
  -NANDO (New Approach Notified and Designated Organisations)
  -適合性評価手順の決定/ 認証モジュール(Decision 768/2008/EC
  -Management of the Machinery Directive



Mutual Recognition Agreements (MRAs)

MRAs are agreements established between the Union and the third countries for the purpose of mutual recognition of conformity assessment of regulated products. It is noted that it depends on the scope of each MRA, before deciding if it relates with the EMCD.



製品をテストして、
その適合性を評価

適合性性評価の実施及びエビデンスを目的とした試験

  -適合性評価
  -Guide to application of the Machinery Directive 2006/42/EC
  -Testing(Pass, Fail, Test data)
  -電気試験
  -EMC 試験

技術的な書類作成し、
いつでも利用できる

適合宣言書(DoC)及び 組込み宣言書(DoI)
技術資料TF
  -重要部品リスト EN 61439、Overvoltage category III, Pllution degree 3
  -図面 EN 60617, EN 81346, ISO 1219
  -取扱説明書 IEC 82079

CE マーキングを貼付し、策定、 EU 適合宣言  (27 KB)。
CEマーキング(REGULATION (EC規則) No 765/2008)
 CE marking
 

CE マーキングを製品に貼付、メーカーすべての安全要求事項の遵守のための完全な責任を想定します。残念ながら、偽造または CE マーキングの誤用の原因は決して 100% マークのついた製品が安全であることを保証します。

EU は、メーカー輸入業者代理店認証機関、および新たな法的枠組みを通じて、市場監視機関から成るシステム全体を強化しています。
新しい法律は、高い安全性を確保しながら貿易負担の軽減を目指しています。

機械指令 昇降機指令 低電圧指令 圧力機器指令 ATEX指令 RoHS REACH EMC指令 振動指令 騒音指
ノーティファイドボディ EC規則
あなたの製品グループを確認!(クリックして下さい。)





9. CEマーキング-DoC(適合宣言書)サンプル

Sample of DoC (Declaration of conformity)



CEマーキング対応手順6-Step-Method 
     指令/規格の識別からCEマーキングまで


CE marking (リンクしています)

CEマーキング摘発 (リンクしています)










10. CEマーキングの義務

CEマーキングは、メーカー責任に於ける表示義務です。
CEマーキングは、取得するものではなく、自己責任でを貼付するものです。
CEマーキング取得 CEマーク表示義務
機械メーカー(第一者)殿は、製造物責任にて適合性を評価・証明しなければなりません。

適合性の評価・証明は、
-第一者評価又は第二者評価(自己評価)または
-第三者評価(コンサルタント又は通知機関)
など、選択肢が用意されております。

リスクが高いものは、第三者評価として公認機関が要求され、EU通知機関にて通知された機関(NB:Notified body)もしくは国際適合性評価機関の評価による適合証明書(CoC)が要求されます。


CEマーキングの適合性評価は、社会的信用の観点または使用者要求で、上記 Step 3 のご検討が重要かと考えます。

セーフティプラスは、EU/MLA対応の国際適合性評価機関(ISO/IEC 17020)
として、ご相談、お待ちしております。









11. 適合性評価ルート


EU / EC 機械指令 2006/42/EC の適合性評価を想定した場合の評価ルート。
公的な証明書を入手しましょう。
EU指令  EC指令




                           

CEマーキング  CEマーキング自己宣言 CEマーキング取得事項
                  marking   CEマーキング

                  クリックして下さい。
第3者評価を選択された場合の評価費用を検証します。

NB とは!








12. 通知機関(Notified Bodies)とは、

通知機関 NB(Notified bodies)とは・・・・

通知機関とは、第三者として、適合性評価作業を実施することが認められ、通知当局より通知された機関です。

-「適合性評価作業を実施することが認められ・・・・」は、
   EN 45000 / ISO/IEC 17000 シリーズで認定された適合性評価機関を対象とします。

-「通知」は、
   通知機関の監視に責任を負う通知当局(Notifying authorities)が、
   EC規則(NO. 765/2008)の意義に基づき、通知します。


CODE OF CONDUCT FOR THE FUNCTIONING OF THE SYSTEM OF NOTIFIED BODIES
GUIDELINES FOR THE NOTIFICATION OF DANGEROUS (DIRECTIVE 2001/95/EC)
Mutual recognition agreements (MRA)








13. 欧州規格

国際規格作成団体と欧州規格作成団体;

       
   CEN / CENELEC により、Type A, B, C の規格階層化が行われている


        機械類のための整合規格:Harmonised standards for machinery









14. 機械指令(MD)情報

機械指令(MD)は、機械に適用される健康及び安全そ決定するために、リスクアセスメントがおこなわれたことを確認し、アセスメントの結果を考慮したリスクリダクション(リスク低減)を指令の要求に基づいて設計及び製造が行われたこと証明・宣言しなければならない


機械製造者の証明・宣言、そしてCEマーキング


認証機関 電気安全設計をE-mailで評価します。 CEマーキング 認証 認証機関 検査 検査機関 適合宣言書 適合証明書 相互承認協定  CEマーキングとは







15. EMC 指令(EMCD)情報:電磁両立性指令(EMC オンサイト試験)

Electromagnetic Compatibility - Directive 2014/30/EU

設備の為の EMC 指令適合性評価/フィールド試験(オンサイト試験)
EMC オンサイト試験 EMCアセスメント


1. EMC指令 ガイドによる対応

  HS コンプライアンスの状態確認から、EMC アセスメントを行います。

  その結果、現状のオンサイト試験に関し、国際相互承認協定に基づき、検査致します。
  これは、「Guide for the EMC Directive 2004/108/EC」の要求事項に基づきます。

  通常、EMI エミッション(1日) 及び EMS イミュにティ(2日)の日程が必要ですが、
  設備や機械類に関しては、この EMC アセスメントにおいて、

  部分的(EMSのみ) 又は全体的に EMC 試験を省ける可能性
があります。

  設備の為の適合性評価手順 Conformity assessment procedure for apparatus


The EMCD is therefore not a safety related Directive.

Functional safety aspects based on electromagnetic disturbances are regulated for instance by :
- the Machinery Directive 2006/42/EC,
- the Low Voltage Directive 2014/35/EU and
- the General Product Safety Directive 2001/95/EC.



Mutual Recognition Agreements (MRAs)

MRAs are agreements established between the Union and the third countries for the purpose of mutual recognition of conformity assessment of regulated products. It is noted that it depends on the scope of each MRA, before deciding if it relates with the EMCD.





2. IEC/EN 60204-1 で要求される EMC 試験は・・・・

  情報ですが、IEC/EN 60204-1 Clause 4.4.2 電磁両立性(EMC)では、次の内容が満たされていれば、
 
EMC 試験不要とすることが可能となっております。

設備や機械類組込み装置及び構成部品が、関連する製品規格(又は製品規格が存在しない場合は包括規格)で規定されている意図する EMC環境に関する EMC 要求事項に適合している。
電気設備及び配線が、相互影響に関して装置及び構成部品の供給者が提供する指示(ケーブル敷設、遮蔽、接地など)、及び Annex H に従っている。









16. 低電圧指令(LVD)情報: 低圧制御機器試験認定機関

Low Voltage - Directive 2014/35/EU

低圧電気制御機器について・・・・

ECを統合する段階で、低圧電気制御機器におけるCEマーキングが議論された。
このスタート時には、個々の電気機器には、CEマーキング不要としていた。

低圧電気制御機器は、その開発時点で電気制御機器個々にはを貼付しない方向で進められていた。
アセンブリされたシステムとして、証明されていれば適合性を証明したと考えられた。
が、しかし、電気制御機器単体の内容確認は、合理的ではない事が審議され、の貼付けを標準とすることが議論された。

そこで、問題となったのが、認証機関である。

EC 12ヵ国の各国に NB(通知された機関)が少なかったことから、電気機器メーカーが維持する試験ラボを公的に認め、電気機器メーカーを認証機関として位置付けることを目的に「低圧制御機器試験認定機関」が新設された。



低圧電気制御機器試験認定機関;

- ALPHA (ドイツ)
- ASTA (イギリス)
- ASEFA (フランス)。


欧州は、1985年に発行したニューアプローチ(DECISION No 768/2008/EC)及びその実施細目を定めた1989年のグローバルアプローチ(Guide)において、試験所認定制度を社会基盤として位置づけた。1982年に発行された ISO/IEC Guide 25 をベースに、欧州規格として EN 45000 シリーズが発行された。これが、後の ISO/IEC 17025 である。

EN 45000シリーズ発行の経過を下図に示す。

     


この EN 45000 シリーズが現行の ISO/IEC 17000 シリーズである。









17. イギリス UKCA マーキング(2019年2月2日付け)

英国の第三者認証機関(NB)の認証を受けた製品については、EU 離脱後から新しいマークが要求される。
UK product marking:2019年3月29日~(完全なる確定ではないが・・・・)
新しい製品安全・品質などの
ガイダンスが発行されている。

UKCA(UK Conformity Assessed)マーキング




UKCA マーキングは、CE マーキングの対象となるほとんどが対象となる
EU の CE マーキング製品は、英国市場での流通を設けられる有効期間内で認めるものである。

UKCA マーキングの要求事項は、製品を EU で流通・販売するための CE マーキングの要求事項と同様となる予定のようである。
       




18. ロシア EAC マーキング

ユーラシア経済連合(EEU)では、輸入する製品によって、EAC(Eurasian Conformity)マーキングが義務付けられている。




EAC 認証は、その対象が
製品の HS コード、製品仕様、使用される場所によって強制認証と判断される。

EAC 認証制度と GOST-R 認証制度は、現在 2制度が共存中である。





19. 欧州 CE マーキングの開発経過
CEマーキング取得 CEマーキング 取得
CEマーキングは、欧州統合時に「CEマーク」との表現が議論された。
そこで、CE のマークは、与えられるものでは無く、製造業者の製造物責任に於ける自己宣言であることを基本として、「CE マーキング」とすることが議決された。

  1.用語「CEマーク」は、使用不可(1989年)となっている。
  2.CEマーキングは、「取得」するものではない。

EC(欧州共同体12か国)が、EU(欧州連合)として統合される段階で、ニューアプローチ(DECISION No 768/2008/EC)が発行された。
この"決定(Decision)"作成時に議論されたのが、「CEマーク」という用語である。
ニューアプローチ指令は、決定(Decision)で決められ示された対象の指令(Directive)を意味し、指令自身ではないことを理解する上で重要かもしれない。


EC統合を目的としてのマーキングの意味が審議された。

ここで重要視されたのが、ECにて標準化していたドイツの「GSマーク」である。
そして、EC関係者より「GSマーク」が「CEマーク」に替わるのかといった質問が多く寄せられた。

「GSマーク」は、認証機関から「取得」するものであるが、
「CEマーク」は、整合規格評価から適合宣言の証しとして、製造者による「作成」の義務付けである。

よって、「GSマーク」と「CEマーク」は、マーク作成者および責任範囲が異なる。

そこで、責任所在の明確性から、その識別として「CEマーキング」という用語の統一が議決された。

この情報は、ドイツ制御機器メーカー日本法人在籍時(1989年)に受取った、ドイツ電気電子工業会「ZVEI」にて提出されたEC業界連絡内容に基づくものである。

「CEマーク」、「CEマーク取得」および「CEマーキング取得」と説明した段階で・・・・
EUでは、EC指令を理解していないと判断される可能性が高く、注意したい用語のひとつである。
日本では、この用語を使用する方々の説明を 依頼者(クライアント)の責任として詳細内容を把握・確認する必要があるといえる。

この用語は、用語使用者の専門性を判断することが可能と考えられる。

EU圏公認の通知機関の日本支社であっても、例外とならず、低レベルホルダーに登録することとなる。
特に、ブランド志向で適合性評価に高額な支払をされる場合は、注意が必要である。







フッターイメージ