ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

ISO 12100
IEC60204-1とは
機械安全設計を科学・診断する
Science and inspection of Machinery safety design

 リスクアセスメント  ISO 12100   IEC 60204-1  ISO 13849-1  CEマーキング  検査コスト  認証コス
ISO 12100:2010

ISO 12100:2010は、基本的な用語、原則と機械の設計で安全性を達成するための方法論を指定します。

-この規格は、機械に関連付けられている。
-目的は、設計者を支援するためにリスク評価とリスク削減の原則を指定します。
-原則は、設計、使用、事件、事故及びリスクの知識と経験に基づいている
-手順は、
  -マシン機械のライフサイクルの関連するフェーズでリスクを特定し、推定し評価する、そして
  -危険性の除去または十分なリスク低減のために記載されている。
-ガイダンスはリスクアセスメントとリスク低減プロセスの文書化と検証が記載されています。



ISO 12100:2010は、B 型または C 型の安全基準(type-B or type-C safety standards)を製造するための基礎として使用されることが意図される。


-ただし、家畜、財産や環境へのリスクや損傷を扱っていない。





ISO 12100:2010 とは
News

ISO 12100 は、2010年の段階で、ISO 12100-1/2 及び ISO 14121-1 が統合されたものである。
ISO 12100:2003、ISO 12100-2:2003 および ISO 14121-1:2007 は、ISO 12100-1:2010 に置き換えられました。






統合時の ISO/TR 14121-2:2007 は、ISO/TR 14121-2:2012 に改定され、ISO 12100 に従った機械のリスクアセスメントを実施する上で実用的なガイダンスを提供し、プロセスの各ステップのためのさまざまな方法とツールについて説明します。

-リスクを軽減するために使用できる別の対策の例を与え、
-複雑さと危害の可能性の観点から、
-機械のリスクアセスネントのために使用されることが意図される。

ユーザーは、その意図された機械(例えば、設計者、技術者または安全の専門家)の設計、設置、または修飾に関与するものである。




リスク低減 Risk reduction

リスク低減は、設計者と使用者の協業である。







リスクマネジメント Risk manegement

ISO 12100 は、リスク低減までである。
機械の使用者は、リスクマネジメントが要求される。








ALARP (As low as reasonably practicable)

合理的に実用可能な最低水準
この許容領域は、安全性決定時の重要項目である。
ISO/IEC GUIDE 51 では、安全の定義に許容領域を含めている。








フッターイメージ