ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
海外情報
 
世界の知識

Knowledge in the world

各国国内要求


国際安全規格の機械的、電気的、機能性のポイントを記載しております。
 リスク

 -EU (機械指令)
 -USA
 -中国
 -韓国


EU 機械指令

 

このページは、EC指令への対応内容を記載しております。
自己宣言及び適合性評価のお手伝いを致します。
自己宣言には、自己適合性評価と第3者認証機関による適合性評価があります。
                                       
相談受け付けております。
具体的な設計内容から評価まで、
ご相談をお待ちしております。



Copyright?2009 Safety Plus.

 





欧州 / 自己宣言手順

 

 適用指令の検討
 EN(欧州規格)の選定
 機械指令 Annex ⅣAnnex Ⅴに非該当
 機械指令 Annex ⅣAnnex Ⅴに該当
 適合性評価
 技術ファイル
 適合宣言
 CEマーキング
                                 
                                      Copyright?2009 Safety Plus.




 Step 1:選択
 Step 2:評価  
 Step 3:作成

 




欧州規格の階層


                                Copyright?2009 Safety Plus.


 





アメリカの知識

 

USAの知識


アメリカ輸出は、OSHA の労働安全衛生規則を満足しなければならない。

 

 

 

29 CFR Part 1910

Occupational Safety and Health Standards

労働安全衛生規則

 

連邦規則集 :Code of Federal Regulations
29 CFR PART 1910 Occupational Safety and Health Standards

1910.1 Purpose and Scope 目的と対象範囲

1910.2 Definitions 定義

1910.3 Petitions for the issuance, amendment, or repeal of a standard

        基準の作成、改正、廃止に関する請願

1910.4 Amendments to this part 本規則改正

1910.5 Applicability of standards 各種基準の適応性

1910.6 Incorporation by reference 参照による結合

1910.7 Definition and requirements for a nationally recognized testing        laboratory      国家認定された試験研究機関の定義および要求事項

   
OSHAが試験機関であるNRTLを認定する制度を持っている。

     ( Note NRTL:Nationally Recognized Testing Laboratory )

 

アメリカ合唱国憲法に基づく行政府の労働安全衛生管理局(OSHA)からの連邦規則集(CFR)に従わなければなりません。
連邦規則集の 29 CFR Part 1910 (労働安全衛生規則)の内容を確認する必要があります。
ここに、対応します国家規格(ANSI)、団体規格(NFPA, UL, etc)等が示されております。この示された規格に基づき、現地でフィールドラベリングをして頂きます。




 





中国の知識  CCCマーク

 

中国の知識


WTOに基づく国際規格協調が図られ強制製品認証規定を実施

 

 

 

中国ではWTO加盟に伴い、2002年8月1日から

強制製品認証制度を実施している。

新しい認証マークを取得していない製品は国内外品を問わず

出荷、輸入、販売が禁止。

輸出入に関して、CCCマークの強制化が図られ、

強制国家規格であるGB、そしてガイドラインであるGB/Tを診なければならない。

中国国家規格

国際規格

内 容

GB 15706.1

ISO 12100-1

機械安全-用語説明と方法

GB 15706.2

ISO 12100-2

機械安全-技術原則と仕様

GB 16856

ISO 14121

リスクアセスメント

GB 16855.1

ISO 13849-1

安全方策カテゴリー

GB 12265.1

ISO 13852

上肢の安全距離

GB 5226.1

IEC 60204-1

電気装置

GB 4208

IEC 60529

IP コード

 



韓国の知識

 

韓国の知識


Sマークの基本的原則

設計から製造に至る製品の安全性に関して

徹底的検討を行なうことにより、高品質の製品に認証を与える。

 

Sマーク 安全認証

 

 


Sマークの目的;

安全性認証の目的は、産業分野で使用さる製品の

安全性と信頼性ならびに製造業者の品質管理能力に関する

総合的審査を通じて、客観的に安全と認められる製品に

安全性認証マーク(Sマーク)を与えることにより、

安全性と品質を向上させることにある。


フッターイメージ