ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

SER licensee's particular case
CEマーキング CEマーキングとは 認証ルートCEマーキングとは
Conformity assessment cost

JAB
ILAC / MRA

     リスクアセスメン

評価コストの具体的事例・・・・

セーフティプラスは、日本の評価制度を替え、低コストで公的な証明書をご入手頂く対応を図ります。
国際レベルに準じて、
 所要時間とコストの改善を図ります。





検査官より・・・・

あなたは、スピーディに、  ワンストップ相互承認協定で世界に通じる公的な証明書(Public certificate)をご入手されました。
改造や是正措置も少なく、早い、安い、を実践されました。




ご依頼者より・・・・

SERライセンス保持者が居たので、 安価で公的な証明書を入手できました。

 -以前の評価費用(私的証明書)の”
41.7%(100/240”で公的な適合証明書を入手しました。




過去と比較して・・・・

改造費および公的証明書取得費用、 非常に高いコストを経験していました。

 -以前は改造費(
約300万円)を経験する
 -以前は高価なのに私的証明書(一般証明書)だった
 -公的証明書を要求すると、EU 内本社の担当者評価と言われ、
150万円を追加請求された

 結果として、全体(改造費込み、公的証明書)で、
840万円(300万円+150万円+390万円)であった。




SERライセンス者が在籍していることで・・・・

SERライセンス保持者が居たので、 改造費も無く、安価で公的な証明書を入手できました。

SERライセンス
保持者が居た事から、改造費が発生しない状態で、
100万円(EU-NBの≒11.9%=100万円/840万円)で相互承認協定に基づく公的な証明書を入手した。
結果的に「
-740万円」の利益を社へ与える事となった。




所感・・・・

第三者検査機関のSERライセンス保持者が常勤なので、 社内に公的な検査官が存在する状態・環境となり、安心して輸出対応設計ができ、評価費用も安価となることで、受注及び利益の向上が図れました。

また、人材育成に投資した結果、有益な結果を得たと喜んでいる。








セーフティプラスは、日本の評価制度を替え、低コストで公的な証明書をご入手頂く対応を図ります。
国際レベルに準じて、  所要時間とコストの改善を図ります。


フッターイメージ